社会保険労務士は難易度が高くても志望する価値がある資格

社会保険労務士の難易度はとにかく高いです。
何年受けても落ちている人が、日本中にごろごろといるような試験です。
4~5年受けてやっと合格をする人だって珍しくないのが社会保険労務士という国家試験です。

社会保険労務士に数ヶ月で受かることが誰でもできるか?

……しかし、毎年少数ですが1年未満の勉強で社会保険労務士に合格をする人たちがいます。
たとえば約半年、あるいはたったの3ヵ月程度で受かってしまう人がいることは事実です。
どうやって激短で社会保険労務士に合格をしたのかを、教えてくれることもありますね。

ただし、やはり特殊な例です。社会保険労務士の難易度の高さはいくら強調しても強調しすぎではありません。特殊な例が自分にも有効だろうと信じるのは危険です。

事情がある場合や、受験を決意した時期が中途半端でたっぷりと勉強ができないという場合もあることはありますね。
そこで試験までに短期間しか勉強できない場合のオーソドックスな勉強法を書いておきましょう。

社会保険労務士の激短合格のモデルプラン(6ヶ月と3ヶ月)

6ヵ月くらいしかない場合は、基本の勉強・応用の勉強・直前対策を2ヶ月単位でやることになります。
学校や通信講座の中で使いやすい種類を選んで集中して勉強して、たっぷりと1年以上かけて勉強している人に追いつくくらいの意気込みでやっていく必要があります。
テキストは、細かく読む時間もないでしょうから、ざっくりと目を通してから過去の問題を読み、テキストの読み込みと問題を解く練習を交互にやって時間を節約しましょう。

3ヵ月くらいしかない場合は正直言ってギャンブル感覚で考えておくほうが無難でしょう。
隙のない理解をする時間はありえません。テキストを読むときは概略を把握するつもりで読んで、それからすぐに過去問を開きます。解けないのは当たり前ですが、問題の雰囲気に慣れるべきです。
そして正答や解説をすぐに読んでしまって、どんな傾向があるのかを掴み取ります。
覚えなければならないことは多いですが、全部は無理ですからピンポイントで暗記するしかありません。

社会保険労務士激短合格をめぐる事情

こんな乱暴なやり方でも実際に社会保険労務士に合格をしていく人はいます。
しかしめったにない幸運で受かったとしても、その後仕事をする機会が回ってきたときに通常の合格者と比べて苦労することになりますから、合格後に、社会保険労務士の仕事をするときにむしろ勉強がたっぷりと必要になります。理解をすることと、試験問題を解くことは微妙な違いがあることに注意しましょう。

なお、こういった激短での合格には、やはり学校や通信教育のうまい利用が欠かせません。
短期的に集中して教わるという意味でも、わかりやすく質のよいところに申し込むべきでしょう。